blog top Category Archive All title Tag Search   RSS Admin
記事のカテゴリー
おすすめ
AmazonStore
by amanatu
プロフィール

 nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。

Author: nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。
イタリア音楽コレクション
【イタリア映画DVD】300選
イタリアンポップスとは-1
イタリアンポップスとは-2
もっと聴いてみる
著作権ポリシー

◆女性ヴォーカリスト(五十音順)
【アマリア・グレ】
【アンナ・オクサ】
【アンナ・タタンジェロ】
【イル・ジェニオ】
【イレーネ・グランディ】
【エリーザ】
【オルネッラ・ヴァノーニ】
【カテリーナ・カゼッリ】
【カルメン・コンソリ】
【ジャンナ・ナンニーニ】
【ジュジー・フェッレーリ】
【ジョルジャ】
【ジリオラ・チンクエッティ】
【ディロッタ・ス・クーバ】
【ドナテッラ・レットーレ】
【ナーダ】
【パティ・プラーヴォ】
【フィオレッラ・マンノイア】
【ミア・マルティーニ】
【ミーナ】
【ミレッタ】
【ラウラ】
【ラウラ・パウジーニ】
【リタ・パヴォーネ】
【ロレダーナ・ベルテ】
【ロレッタ・ゴッジ】

◆男性ヴォーカリスト(五十音順)
【アドリアーノ・チェレンターノ】
【アドリアーノ・パッパラルド】
【アメデオ・ミンギ】
【アントネッロ・ヴェンディッティ】
【アンドレア・ボチェッリ】
【ヴァスコ・ロッシ】
【ウンベルト・トッツィ】
【エドアルド・ベンナート】
【エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ】
【エロス・ラマッツォッティ】
【オット・オット・トレ 883】
【クラウディオ・バッリオーニ】
【ジーノ・パオリ】
【ジャンニ・モランディ】
【ジャンルーカ・グリニャーニ】
【ジョヴァノッティ】
【ズッケロ】
【セルジョ・カンマリエーレ】
【チェーザレ・クレモニーニ】
【ティツィアーノ・フェッロ】
【トニー・レニス】
【ドメニコ・モドゥーニョ】
【ネグラマーロ】
【ネグリータ】
【ネック】
【ビアージョ・アントナッチ】
【ピーノ・ダニエーレ】
【ファウスト・レアーリ】
【ファブリツィオ・デ・アンドレ】
【ファブリ・フィブラ】
【フランコ・バッティアート】
【フランチェスコ・デ・グレゴーリ】
【ボビー・ソロ】
【マッラカッシュ】
【リッカルド・コッチャンテ】
【ルイジ・テンコ】
【ルーチョ・ダッラ】
【ルーチョ・バッティスティ】
【ルチアーノ・リガブーエ】


◆イタリアンポップスを解説!

イタリア的 ―「南」の魅力 (講談社選書メチエ)

スポンサーサイト [------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
イタリアンポップスとは-1 [20080920]
イタリアは音楽の国、オペラ、クラシックの大国。でもこのブログで扱うのは、最近、日本でもみんなが気にし始めたイタリアンポップス。テレビ・コマーシャルや語学番組などで耳にする機会も増えました。熟年世代には、サンレモ音楽祭なんかがおなじみでしょう。

でも、イタリアンポップスっていったい何? カンツォーネとはどこが違うのでしょうか?

イタリア語では、クラシック、ポピュラーのジャンルに限らず、「歌」一般を「canzone」で表わします。でも、私の感覚に照らし合わせると、日本の民謡、演歌、歌謡曲がカンツォーネで、サンレモなどに親しんだ熟年世代にピンとくるもの。そして、フォーク、J・ポップスやロックはイタリアンポップスということばの方が、ピッタリなのではないでしょうか。(でも実際には、ポップスと一口にいっても、ロックやR&B、ヘビメタ系などいろんなジャンルの音楽がイタリアにもあります。)

タワーレコードなど大型ショップに行けば、ワールド・ミュージックのコーナーに「イタリアもの」が結構見つかります。「フレンチポップス」や「ラテン」、「ボサノバ」なんかと比べると、量的には見劣りするけれど。私はかつて高田馬場にある、イタリア、フランス、スペインのポピュラー音楽専門ショップによく通ったものです。80、90年代のこと。お店は Casa Bianca カーザビアンカといいます。

そして、キングレコードが出していたヨーロピアン・ロック・コレクションのなかに、プログレやロックの名盤をいくつも見つけ、買い求めたものです。

今はインターネットのおかげで、海外のCDが簡単に購入できます。ダウンロードも手軽にできます。でも、なじみの薄い日本の皆さんにとって最大の難点は、何から聴きはじめたら・探し始めたらいいか分からない、ということでしょう。

2008年10月からNHKラジオ『まいにちイタリア語』で始まる「ジュークボックス・イタリアーノ」は、そんな悩みに応えてくれるようです。イタリア語のDJに乗せて、毎回、イタリアンポップスを紹介してくれるという、うれしい特集です。予定では、10月から3月までの6ヶ月間とか。毎週4曲ずつ、計100曲ほどを聴ける計算ですね。

このブログでは、番組に登場する曲を、YouTube の映像とともに紹介していきます。

2008-09-20(Sat) 18:02 はじめに | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
⇒ http://nannini.blog94.fc2.com/tb.php/53-8c73f2a7


copyright © 2005  nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
イタリアのWEBラジオ
82
懐かしのイタリアンポップス'60-'70

107
流行のイタリアンポップス

その他のイタリアラジオ局は
◆◆こちら◆◆
最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。