blog top Category Archive All title Tag Search   RSS Admin
記事のカテゴリー
おすすめ
AmazonStore
by amanatu
プロフィール

 nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。

Author: nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。
イタリア音楽コレクション
【イタリア映画DVD】300選
イタリアンポップスとは-1
イタリアンポップスとは-2
もっと聴いてみる
著作権ポリシー

◆女性ヴォーカリスト(五十音順)
【アマリア・グレ】
【アンナ・オクサ】
【アンナ・タタンジェロ】
【イル・ジェニオ】
【イレーネ・グランディ】
【エリーザ】
【オルネッラ・ヴァノーニ】
【カテリーナ・カゼッリ】
【カルメン・コンソリ】
【ジャンナ・ナンニーニ】
【ジュジー・フェッレーリ】
【ジョルジャ】
【ジリオラ・チンクエッティ】
【ディロッタ・ス・クーバ】
【ドナテッラ・レットーレ】
【ナーダ】
【パティ・プラーヴォ】
【フィオレッラ・マンノイア】
【ミア・マルティーニ】
【ミーナ】
【ミレッタ】
【ラウラ】
【ラウラ・パウジーニ】
【リタ・パヴォーネ】
【ロレダーナ・ベルテ】
【ロレッタ・ゴッジ】

◆男性ヴォーカリスト(五十音順)
【アドリアーノ・チェレンターノ】
【アドリアーノ・パッパラルド】
【アメデオ・ミンギ】
【アントネッロ・ヴェンディッティ】
【アンドレア・ボチェッリ】
【ヴァスコ・ロッシ】
【ウンベルト・トッツィ】
【エドアルド・ベンナート】
【エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ】
【エロス・ラマッツォッティ】
【オット・オット・トレ 883】
【クラウディオ・バッリオーニ】
【ジーノ・パオリ】
【ジャンニ・モランディ】
【ジャンルーカ・グリニャーニ】
【ジョヴァノッティ】
【ズッケロ】
【セルジョ・カンマリエーレ】
【チェーザレ・クレモニーニ】
【ティツィアーノ・フェッロ】
【トニー・レニス】
【ドメニコ・モドゥーニョ】
【ネグラマーロ】
【ネグリータ】
【ネック】
【ビアージョ・アントナッチ】
【ピーノ・ダニエーレ】
【ファウスト・レアーリ】
【ファブリツィオ・デ・アンドレ】
【ファブリ・フィブラ】
【フランコ・バッティアート】
【フランチェスコ・デ・グレゴーリ】
【ボビー・ソロ】
【マッラカッシュ】
【リッカルド・コッチャンテ】
【ルイジ・テンコ】
【ルーチョ・ダッラ】
【ルーチョ・バッティスティ】
【ルチアーノ・リガブーエ】


◆イタリアンポップスを解説!

イタリア的 ―「南」の魅力 (講談社選書メチエ)

スポンサーサイト [------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
In ogni senso(1990) [20090803]


In Ogni Senso

   

  1. Se Bastasse Una Canzone
  2. C'e' Una Strada In Cielo
  3. Amore Contro
  4. Dammi La Luna
  5. Taxi Story
  6. Dolce Barbara
  7. Amarti E' L'Immenso Per Me
  8. Canzoni Lontane
  9. Cara Prof
  10. Cantico
  11. Oggi Che Giorno E'
  12. Andare...In Ogni Senso

エロス・ラマッツォッティ、1990年のアルバム。前作 Musica E' 以来、2年ぶりの作品です。このアルバムによって、エロスはその人気をインターナショナルなものにしたと同時に、イタリアンポップス界の主人公としての役割を確立したといえるでしょう。また、曲のテーマにもアーティストとしての成熟ぶりがうかがえます。

1.Se bastasse una canzone は、社会の隅っこに追いやられ、苦悩を抱えて生きるひとびとが、人権の向上と共生を夢見る状況を扱っています。この曲はすぐに大ヒットし、エロスの代表作のひとつになりました。湾岸戦争という、当時の特殊な社会状況を暗示させる歌詞も、話題になりました。

5.Taxi story は、リオデジャネイロのタクシー・ドライバーが、狭くて怖い道路を走る毎日から抜け出すことを夢見る、といった内容を歌っています。

6.Dolce Barbara はとても変わった曲で、バルバラという名の女性に捧げられた歌。彼女の母親が、自分の娘の死を悼んで曲にすることを請い、エロスはそれに応えて作品にした、ということです。若くして突然の死を迎えたひとを悼む気持ちが表現されています。

10.Cantico は、宗教的テーマを扱った“賛歌”。キリストがいまも生きていたら、世界はどのように変わっただろうか、という問いをエロスは投げかけています。

本アルバムには、2曲のデュエット作品が含まれています。アントネッラ・ブッチ Antonella Bucci との共演 7.Amarti e' l'immenso per me と、ピエロ・カッサーノ Piero Cassano とのデュエットで、ジャズ風の仕上げとなっているラストナンバー 12.Andare... in ogni senso です。

最後に。アルバムタイトルの In ogni senso(全方向へ)という表現は、全作品に少なくとも1箇所は登場します。


2009-08-03(Mon) 22:54 【エロス・ラマッツォッティ】 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
⇒ http://nannini.blog94.fc2.com/tb.php/142-f9d33495


copyright © 2005  nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
イタリアのWEBラジオ
82
懐かしのイタリアンポップス'60-'70

107
流行のイタリアンポップス

その他のイタリアラジオ局は
◆◆こちら◆◆
最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。