blog top Category Archive All title Tag Search   RSS Admin
記事のカテゴリー
おすすめ
AmazonStore
by amanatu
プロフィール

 nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。

Author: nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。
イタリア音楽コレクション
【イタリア映画DVD】300選
イタリアンポップスとは-1
イタリアンポップスとは-2
もっと聴いてみる
著作権ポリシー

◆女性ヴォーカリスト(五十音順)
【アマリア・グレ】
【アンナ・オクサ】
【アンナ・タタンジェロ】
【イル・ジェニオ】
【イレーネ・グランディ】
【エリーザ】
【オルネッラ・ヴァノーニ】
【カテリーナ・カゼッリ】
【カルメン・コンソリ】
【ジャンナ・ナンニーニ】
【ジュジー・フェッレーリ】
【ジョルジャ】
【ジリオラ・チンクエッティ】
【ディロッタ・ス・クーバ】
【ドナテッラ・レットーレ】
【ナーダ】
【パティ・プラーヴォ】
【フィオレッラ・マンノイア】
【ミア・マルティーニ】
【ミーナ】
【ミレッタ】
【ラウラ】
【ラウラ・パウジーニ】
【リタ・パヴォーネ】
【ロレダーナ・ベルテ】
【ロレッタ・ゴッジ】

◆男性ヴォーカリスト(五十音順)
【アドリアーノ・チェレンターノ】
【アドリアーノ・パッパラルド】
【アメデオ・ミンギ】
【アントネッロ・ヴェンディッティ】
【アンドレア・ボチェッリ】
【ヴァスコ・ロッシ】
【ウンベルト・トッツィ】
【エドアルド・ベンナート】
【エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ】
【エロス・ラマッツォッティ】
【オット・オット・トレ 883】
【クラウディオ・バッリオーニ】
【ジーノ・パオリ】
【ジャンニ・モランディ】
【ジャンルーカ・グリニャーニ】
【ジョヴァノッティ】
【ズッケロ】
【セルジョ・カンマリエーレ】
【チェーザレ・クレモニーニ】
【ティツィアーノ・フェッロ】
【トニー・レニス】
【ドメニコ・モドゥーニョ】
【ネグラマーロ】
【ネグリータ】
【ネック】
【ビアージョ・アントナッチ】
【ピーノ・ダニエーレ】
【ファウスト・レアーリ】
【ファブリツィオ・デ・アンドレ】
【ファブリ・フィブラ】
【フランコ・バッティアート】
【フランチェスコ・デ・グレゴーリ】
【ボビー・ソロ】
【マッラカッシュ】
【リッカルド・コッチャンテ】
【ルイジ・テンコ】
【ルーチョ・ダッラ】
【ルーチョ・バッティスティ】
【ルチアーノ・リガブーエ】


◆イタリアンポップスを解説!

イタリア的 ―「南」の魅力 (講談社選書メチエ)

スポンサーサイト [------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
著作権ポリシー [20090501]
このサイトを運営するうえで、の著作権についての考え方(ポリシー)をまとめてみました。


(1)歌詞(イタリア語)の一部掲載について

掲載は、読者のイタリア語学習の一助となることを目的としたものです。

イタリア著作権法(1941年法律第633号)第70条第1項は、「教育を目的とする著作物の断片または部分の要約、引用または複製」を許可しています。

また、当該歌詞の含まれるCD、DVDをその広告と併せて紹介することは、「著作物の経済的利用権と衝突しない」だけでなく、その販売利益が合法的に著作者等に還元されることにつながります。

-----------------------
イタリア著作権法(1941年法律第633号)第70条

1 批評または議論を目的とし、または教育を目的とする著作物の断片または部分の要約、引用または複製は、その行為が著作物の経済的利用権と衝突しないことを条件として、その目的上正当とされる範囲内で許される。
-----------------------


(2)歌詞(イタリア語)の説明について

歌詞の翻訳および掲載は、イタリア著作権法に抵触する恐れがあるため、行っていません。本サイトでは、歌詞を“イタリア語学習教材”として扱っており、その「意味を日本語で説明」することに留めています。

ただし、(3)に示すように、公表された著作物に「対訳」がある場合は、それを「引用」しています。


(3)NHKラジオ「まいにちイタリア語」など、日本の著作物の引用について

歌詞(イタリア語)および対訳(日本語)を、NHKラジオ『まいにちイタリア語』(2008年10月~2009年3月、日本放送出版協会)、ファビオ・ランベッリ著『イタリア的 ―「南」の魅力 』(2005年、講談社選書メチエ)から「引用」しています。これは、著作権法によって許可されています。

他の著作から「引用」を行う場合も同様です。

-----------------------
著作権法 第32条第1項

公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
-----------------------


(4)YouTube の動画について

本サイトでは当初、読者の試聴ニーズに応えるために、YouTube に投稿された動画の掲載(コンテンツ内への埋め込み)を行っていました。

CD、DVDの正式な広告(Amazon.co.jpなど)を掲載し、オリジナル著作物の著作権者への利益還元ルートを確保した上での掲載です。

YouTube 動画の「コンテンツ埋め込み」は、YouTube 運営者であるグーグル社が正式に認めていることです。

しかしながら、YouTube に投稿された動画が必ずしも各国法律に準拠したものでないことから、動画埋め込みは当面の間、控えることとしました。

現在、YouTube に対する著作権権利者の目が厳しくなっている状況ですが、「違法にせよ投稿されて多くの視聴者がアクセスすることによって、正規の販売促進につながる」などの見解もあらわれています。

このため、「違法投稿を削除するのではなく、広告システムなどを通じて、著作権者などに利益が回る仕組みを構築していく」考えを、グーグル社は明らかにしています。

IT時代にふさわしい経済活動に向けて、現行著作権法を改定すべき、という考えもありますが、むしろ、法改正ではなく、新たな運用方法の構築に向けた現実的判断といえるでしょう。

新しい仕組みができた段階で、YouTube 動画の掲載を再検討したいと思います。

CDの試聴については、1)試聴用音源が充実している米国アマゾン社(Amazon.com)による広告の掲載を基本とし、2)補足的手段として、YouTube 検索へのリンク(動画リンクではありません)などを掲載することにより、対応します。

なお、米国アマゾン社の試聴対応広告は、現在のところ、日本のアマゾン社(Amazon.co.jp)からは提供されていません。(米国アマゾンでは試聴だけでなく、日本からの楽曲購入ももちろん可能です。説明は英語ですが...)


2009-05-01(Fri) 11:44 はじめに | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
⇒ http://nannini.blog94.fc2.com/tb.php/139-15adbbab


copyright © 2005  nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
イタリアのWEBラジオ
82
懐かしのイタリアンポップス'60-'70

107
流行のイタリアンポップス

その他のイタリアラジオ局は
◆◆こちら◆◆
最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。