blog top Category Archive All title Tag Search   RSS Admin
記事のカテゴリー
おすすめ
AmazonStore
by amanatu
プロフィール

 nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。

Author: nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。
イタリア音楽コレクション
【イタリア映画DVD】300選
イタリアンポップスとは-1
イタリアンポップスとは-2
もっと聴いてみる
著作権ポリシー

◆女性ヴォーカリスト(五十音順)
【アマリア・グレ】
【アンナ・オクサ】
【アンナ・タタンジェロ】
【イル・ジェニオ】
【イレーネ・グランディ】
【エリーザ】
【オルネッラ・ヴァノーニ】
【カテリーナ・カゼッリ】
【カルメン・コンソリ】
【ジャンナ・ナンニーニ】
【ジュジー・フェッレーリ】
【ジョルジャ】
【ジリオラ・チンクエッティ】
【ディロッタ・ス・クーバ】
【ドナテッラ・レットーレ】
【ナーダ】
【パティ・プラーヴォ】
【フィオレッラ・マンノイア】
【ミア・マルティーニ】
【ミーナ】
【ミレッタ】
【ラウラ】
【ラウラ・パウジーニ】
【リタ・パヴォーネ】
【ロレダーナ・ベルテ】
【ロレッタ・ゴッジ】

◆男性ヴォーカリスト(五十音順)
【アドリアーノ・チェレンターノ】
【アドリアーノ・パッパラルド】
【アメデオ・ミンギ】
【アントネッロ・ヴェンディッティ】
【アンドレア・ボチェッリ】
【ヴァスコ・ロッシ】
【ウンベルト・トッツィ】
【エドアルド・ベンナート】
【エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ】
【エロス・ラマッツォッティ】
【オット・オット・トレ 883】
【クラウディオ・バッリオーニ】
【ジーノ・パオリ】
【ジャンニ・モランディ】
【ジャンルーカ・グリニャーニ】
【ジョヴァノッティ】
【ズッケロ】
【セルジョ・カンマリエーレ】
【チェーザレ・クレモニーニ】
【ティツィアーノ・フェッロ】
【トニー・レニス】
【ドメニコ・モドゥーニョ】
【ネグラマーロ】
【ネグリータ】
【ネック】
【ビアージョ・アントナッチ】
【ピーノ・ダニエーレ】
【ファウスト・レアーリ】
【ファブリツィオ・デ・アンドレ】
【ファブリ・フィブラ】
【フランコ・バッティアート】
【フランチェスコ・デ・グレゴーリ】
【ボビー・ソロ】
【マッラカッシュ】
【リッカルド・コッチャンテ】
【ルイジ・テンコ】
【ルーチョ・ダッラ】
【ルーチョ・バッティスティ】
【ルチアーノ・リガブーエ】


◆イタリアンポップスを解説!

イタリア的 ―「南」の魅力 (講談社選書メチエ)

スポンサーサイト [------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
イタリアンポップスをもっと聴いてみる [20090402]

NHKラジオ講座「まいにちイタリア語」の特集、ジュークボックス・イタリアーノを毎週追いかけるかたちで、イタリアンポップスのかずかずを YouTube の映像をつかって紹介してきました。皆さん、楽しんでいただけたでしょうか?

2008年10月3日から2009年3月27日にかけて、25週間、毎週4曲ずつオンエアされたので、紹介したイタリアンポップスはちょうど100曲になります。

アーティストをカウントすると、女性26人、男性39人、合計65人にのぼります(ソロ・ヴォーカリスト、グループともに1人としてカウント)。

イタリアンポップスのアーティストがこれだけの数、まとまって紹介されたのは、日本では初めてのことです。イタリア本国のポップス・イベントであるサンレモ音楽祭やフェスティバル・バールでもこのようなことは起こり得ませんから、世界で初めてのことかも...。

ラウラ・パウジーニやアンドレア・ボチェッリなど、日本でも知名度の高いアーティストをはじめ、ジャンナ・ナンニーニ、ヴァスコ・ロッシといったイタリアの大スター、さらには、アマリア・グレ、セルジョ・カンマリエーレ、マッラカッシュなど本国でも比較的最近になって評価の定まったアーティストまで、バラエティに富んだセレクションでしたね。NHKの編集部の皆さんにはほんとうに脱帽ものです。

ジュークボックス・イタリアーノ特集は残念ながら終わってしまいましたが、4月から本ブログでは、紹介されたアーティストをより詳しく紹介するとともに、そのアルバムを披露していきたいと思います。

ネットで試聴できるCD作品をなるべく主体に紹介していくつもりです。

イタリアンポップスに初めて触れたという方も、もっと深めたいという方も、ぜひ遊びに来てください。

まずは4月から5月にかけて、ラウラ・パウジーニ特集をお届けします。ご期待ください。


2009-04-02(Thu) 21:09 はじめに | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
⇒ http://nannini.blog94.fc2.com/tb.php/136-b7a6a435


copyright © 2005  nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
イタリアのWEBラジオ
82
懐かしのイタリアンポップス'60-'70

107
流行のイタリアンポップス

その他のイタリアラジオ局は
◆◆こちら◆◆
最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。