blog top Category Archive All title Tag Search   RSS Admin
記事のカテゴリー
おすすめ
AmazonStore
by amanatu
プロフィール

 nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。

Author: nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。
イタリア音楽コレクション
【イタリア映画DVD】300選
イタリアンポップスとは-1
イタリアンポップスとは-2
もっと聴いてみる
著作権ポリシー

◆女性ヴォーカリスト(五十音順)
【アマリア・グレ】
【アンナ・オクサ】
【アンナ・タタンジェロ】
【イル・ジェニオ】
【イレーネ・グランディ】
【エリーザ】
【オルネッラ・ヴァノーニ】
【カテリーナ・カゼッリ】
【カルメン・コンソリ】
【ジャンナ・ナンニーニ】
【ジュジー・フェッレーリ】
【ジョルジャ】
【ジリオラ・チンクエッティ】
【ディロッタ・ス・クーバ】
【ドナテッラ・レットーレ】
【ナーダ】
【パティ・プラーヴォ】
【フィオレッラ・マンノイア】
【ミア・マルティーニ】
【ミーナ】
【ミレッタ】
【ラウラ】
【ラウラ・パウジーニ】
【リタ・パヴォーネ】
【ロレダーナ・ベルテ】
【ロレッタ・ゴッジ】

◆男性ヴォーカリスト(五十音順)
【アドリアーノ・チェレンターノ】
【アドリアーノ・パッパラルド】
【アメデオ・ミンギ】
【アントネッロ・ヴェンディッティ】
【アンドレア・ボチェッリ】
【ヴァスコ・ロッシ】
【ウンベルト・トッツィ】
【エドアルド・ベンナート】
【エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ】
【エロス・ラマッツォッティ】
【オット・オット・トレ 883】
【クラウディオ・バッリオーニ】
【ジーノ・パオリ】
【ジャンニ・モランディ】
【ジャンルーカ・グリニャーニ】
【ジョヴァノッティ】
【ズッケロ】
【セルジョ・カンマリエーレ】
【チェーザレ・クレモニーニ】
【ティツィアーノ・フェッロ】
【トニー・レニス】
【ドメニコ・モドゥーニョ】
【ネグラマーロ】
【ネグリータ】
【ネック】
【ビアージョ・アントナッチ】
【ピーノ・ダニエーレ】
【ファウスト・レアーリ】
【ファブリツィオ・デ・アンドレ】
【ファブリ・フィブラ】
【フランコ・バッティアート】
【フランチェスコ・デ・グレゴーリ】
【ボビー・ソロ】
【マッラカッシュ】
【リッカルド・コッチャンテ】
【ルイジ・テンコ】
【ルーチョ・ダッラ】
【ルーチョ・バッティスティ】
【ルチアーノ・リガブーエ】


◆イタリアンポップスを解説!

イタリア的 ―「南」の魅力 (講談社選書メチエ)

スポンサーサイト [------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
E2~ベスト・オブ・エロス・ラマゾッティ(2007) [20090526]

Amazon.comで試聴


Disc 1
  1. ぼくらは孤独じゃない(duet with リッキー・マーティン)
  2. 約束された大地
  3. 大切な話(remix)
  4. 翼を持った心
  5. 今は君を
  6. もう一曲だけ
  7. キャント・ストップ・シンキング・オブ・ユー(duet with ティナ・ターナー)
  8. もうひとりの君
  9. おとぎ話
  10. 夜明け
  11. もっとうつくしく
  12. 力の限り(duet with シェール)
  13. 何も約束はしない
  14. アイ・ビロング・トゥ・ユー(duet with アナスタシア)
  15. ぼくらの人生
  16. 大きくなってから話そう
  17. 天使が身を隠す場所
  18. ぼくらのあいだの時間
Disc 2
  1. 今は君を(with ジャン・ピエロ・レヴェルベリ&ロンドン・セッション・オーケストラ)
  2. ぼくが目にしたこと(produced by ミケーレ・カノーヴァ・ヨルフィダ)
  3. ムジカ・エ(with ジャン・ピエロ・レヴェルベリ&ロンドン・セッション・オーケストラ)
  4. かわいいバーバラ(featuring ダード・モローニ)
  5. タクシー・ストーリー(featuring ジョン・スペンサー)
  6. キャント・ストップ・シンキング・オブ・ユー(produced by ジョン・シャンクス)
  7. 夜明け(produced by ワイクリフ・ジョン)
  8. もっとうつくしく(produced by ジョン・シャンクス)
  9. ムジカ(featuring スティーヴ・ヴァイ)
  10. それでもぼくは(with ジャン・ピエロ・レヴェルベリ&ロンドン・セッション・オーケストラ)
  11. 炎の中の炎(featuring カルロス・サンタナ)
  12. 巨人の影(produced by パット・レナード)
  13. 君の瞳は闇に包まれて(featuring リズム・デル・ムンド)
  14. ひとときの安らぎ(featuring TAKE 6)
  15. 永遠のときめき(featuring ザ・チーフタンズ)
  16. ほんのきのうのこと(with ジャン・ピエロ・レヴェルベリ&ロンドン・セッション・オーケストラ)
  17. 11月が過ぎゆく(featuring アマイア from ラ・オレハ・デ・ヴァン・ゴッホ)

デビュー25周年を記念した2枚組ベストアルバムで、2007年10月26日にリリース。 Disc 1は、4曲の新曲を含むベストヒット集です。Disc 2は、ヒット曲のセルフカバーで、リッキー・マーティン、ティナ・ターナー、アナスタシア、カルロス・サンタナなど、内外の著名ミュージシャンとのコラボによる作品。

なお、これまでのヒット曲のビデオ・クリップを収めたDVD付きの限定盤 E2(2007 CD+DVD)も発売されています。

本アルバムは発売後数週間で60万枚を売り上げ、2007年イタリアで最大セールスを記録しています。また、数ヶ月のちには全欧で200万枚以上売り上げ、スイスやスウェーデンでもトップセールスとなっています。

Disc 1

1は新曲で、ラテン・ポップスの人気歌手 Ricky Martin(リッキー・マーティン)とのデュエット。2007年9月からラジオで先行放送されたのちにシングルカットされています。すぐにヒットチャートの首位に輝きました。

16~18も新曲で、いずれもバラード作品。18はオーケストラを導入したドラマティックな味付けとなっています。

Disc 2

1、3、10、16は、London Sessions Orchestra(ロンドン・セッション・オーケストラ)を起用したシンフォニックな作品。とくに3は12分を超える大曲。

4は、ジャズピアニスト Dado Moroni(ダード・モローニ)との共演で、しっとりとした歌になっています。

5は、ブルースの Jon Spencer(ジョン・スペンサー)によるアレンジで、緊迫感ある作品となっています。

7は、オリジナルはバラードであるものの、ハイチ出身の Wyclef Jean(ワイクリフ・ジョン)によってリズミカルな仕立てとなっています。

9は、ロック色を前面に出したアレンジで、アメリカのギタリスト・作曲家 Steve Vai(スティーヴ・ヴァイ)が手がけました。

11は、ギターの大御所 Carlos Santana(カルロス・サンタナ)の演奏が楽しめる作品。

12は、マドンナの作品でも知られる Pat Leonard(パット・レナード)によるプロデュース。

13は、Rhythm Del Mundo(リズム・デル・ムンド)のフィーチャーによるラテン的な・アレンジ。

15は、アイルランドのバンド The Chieftains(ザ・チーフタンズ)との共演。

17は、スペインのグループ La Oreja de Van Gogh(ラ・オレハ・デ・ ヴァン・ゴッホ)の Amaia(アマイア)との共演によるスペイン語の曲。


2009-05-26(Tue) 22:08 【エロス・ラマッツォッティ】 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
⇒ http://nannini.blog94.fc2.com/tb.php/127-cace04bf


copyright © 2005  nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
イタリアのWEBラジオ
82
懐かしのイタリアンポップス'60-'70

107
流行のイタリアンポップス

その他のイタリアラジオ局は
◆◆こちら◆◆
最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。