blog top Category Archive All title Tag Search   RSS Admin
記事のカテゴリー
おすすめ
AmazonStore
by amanatu
プロフィール

 nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。

Author: nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。
イタリア音楽コレクション
【イタリア映画DVD】300選
イタリアンポップスとは-1
イタリアンポップスとは-2
もっと聴いてみる
著作権ポリシー

◆女性ヴォーカリスト(五十音順)
【アマリア・グレ】
【アンナ・オクサ】
【アンナ・タタンジェロ】
【イル・ジェニオ】
【イレーネ・グランディ】
【エリーザ】
【オルネッラ・ヴァノーニ】
【カテリーナ・カゼッリ】
【カルメン・コンソリ】
【ジャンナ・ナンニーニ】
【ジュジー・フェッレーリ】
【ジョルジャ】
【ジリオラ・チンクエッティ】
【ディロッタ・ス・クーバ】
【ドナテッラ・レットーレ】
【ナーダ】
【パティ・プラーヴォ】
【フィオレッラ・マンノイア】
【ミア・マルティーニ】
【ミーナ】
【ミレッタ】
【ラウラ】
【ラウラ・パウジーニ】
【リタ・パヴォーネ】
【ロレダーナ・ベルテ】
【ロレッタ・ゴッジ】

◆男性ヴォーカリスト(五十音順)
【アドリアーノ・チェレンターノ】
【アドリアーノ・パッパラルド】
【アメデオ・ミンギ】
【アントネッロ・ヴェンディッティ】
【アンドレア・ボチェッリ】
【ヴァスコ・ロッシ】
【ウンベルト・トッツィ】
【エドアルド・ベンナート】
【エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ】
【エロス・ラマッツォッティ】
【オット・オット・トレ 883】
【クラウディオ・バッリオーニ】
【ジーノ・パオリ】
【ジャンニ・モランディ】
【ジャンルーカ・グリニャーニ】
【ジョヴァノッティ】
【ズッケロ】
【セルジョ・カンマリエーレ】
【チェーザレ・クレモニーニ】
【ティツィアーノ・フェッロ】
【トニー・レニス】
【ドメニコ・モドゥーニョ】
【ネグラマーロ】
【ネグリータ】
【ネック】
【ビアージョ・アントナッチ】
【ピーノ・ダニエーレ】
【ファウスト・レアーリ】
【ファブリツィオ・デ・アンドレ】
【ファブリ・フィブラ】
【フランコ・バッティアート】
【フランチェスコ・デ・グレゴーリ】
【ボビー・ソロ】
【マッラカッシュ】
【リッカルド・コッチャンテ】
【ルイジ・テンコ】
【ルーチョ・ダッラ】
【ルーチョ・バッティスティ】
【ルチアーノ・リガブーエ】


◆イタリアンポップスを解説!

イタリア的 ―「南」の魅力 (講談社選書メチエ)

スポンサーサイト [------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
レスタ・イン・アスコルト(2004) [20090418]

Amazon.comで試聴


   


  1. 私の未来 La Prospettiva Di Me
  2. 私のために生きて Vivimi
  3. レスタ・イン・アスコルト Resta In Ascolto
  4. 大文字で書かれたあなたの名前 Il Tuo Nome In Majuscolo
  5. ベネデッタ・パッショーネ Benedetta Passione
  6. 愛がなくては Come Se Non Fosse Stato Mai Amore
  7. コズィ・インポルタンテ Cosi' Importante
  8. パルラミ Parlami
  9. 土煙の舞う場所 Dove L'Aria E' Polvere
  10. 真実の愛 Amare Veramente
  11. 全てをあなたに Mi Abbandono A Te

フロム・ジ・インサイド(原題:From the inside)以来、新作としては7枚目にあたり、2004年10月8日にリリースされています。前作同様に、パウジーニの歌唱力と表現力がいかんなく発揮され、親しみやすい曲調が中心のアルバム。11曲すべてが新曲です。

パウジーニ自身の2つの恋愛のはざまの時期に作られた作品で、1年半にわたる苦悩や真剣な情感を表現した「私的な日記」と考えられています。

本作品はイタリアで90万枚超、全世界では500万枚超のセールスを記録しています。また、アルバム発表の後、2005年2月にスタートしたツアー Resta in ascolto Tour 2005 ではほとんど毎回ソールドアウトを記録し、9月に開かれるイタリアの音楽イベント Festivalbar ではベスト・ツアーを受賞しました。

レスタ・イン・アスコルト Resta In Ascolto、私のために生きて Vivimi、愛がなくては Come Se Non Fosse Stato Mai Amore、ベネデッタ・パッショーネ Benedetta Passione、私の未来 La Prospettiva Di Me の5曲は、シングルカットもされています。

ちなみに、スペイン語版アルバム Escucha(2004)は、2005年のラテン・グラミー賞の最優秀ポップ・アルバムを、2006年にはグラミー賞の最優秀ラテン・ポップ・アルバムを受賞しました。イタリア人女性アーティストとしては初快挙です。

2.Vivimi は、海のように(原題:Tra te e il mare)でもタイトル曲を手がけていたビアージォ・アントナッチ Biagio Antonacci の作詞・作曲によるバラード。

5.Benedetta Passione は、イタリア・ロック界のスーパースター、ヴァスコ・ロッシ Vasco Rossi の作詞。

11.Mi Abbandono A Te は、マドンナの曲のカバー。パウジーニ自身が訳詞を手がけており、随所に英語オリジナル曲のフレーズが登場します。

Resta in Ascoltoスペシャル・エディションも発売されており、こちらはCDとDVDのセット。8曲入っています。
  1. ボーナス・トラックで短いバラード曲 Prendo Te
  2. タイトル曲 Resta In Ascolto のビデオ・クリップ
  3. タイトル曲 Resta In Ascolto のメイキング・ビデオ
  4. スペイン語曲 Escucha Atento
  5. 英語曲 The Photoshoot のメイキング・ビデオ
  6. スペイン語曲 De Tu Amor のクリップ
  7. フランスの女性歌手エレーヌ・セガラとのデュエット曲 On N'Oublie Jamais Rien, On Vit Avec のクリップ
  8. パウジーニ自身がミュージシャンやライター陣などについて語ったビデオ

2009-04-18(Sat) 22:34 【ラウラ・パウジーニ】 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
⇒ http://nannini.blog94.fc2.com/tb.php/112-b22b93e2


copyright © 2005  nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
イタリアのWEBラジオ
82
懐かしのイタリアンポップス'60-'70

107
流行のイタリアンポップス

その他のイタリアラジオ局は
◆◆こちら◆◆
最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。