blog top Category Archive All title Tag Search   RSS Admin
記事のカテゴリー
おすすめ
AmazonStore
by amanatu
プロフィール

 nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。

Author: nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。
イタリア音楽コレクション
【イタリア映画DVD】300選
イタリアンポップスとは-1
イタリアンポップスとは-2
もっと聴いてみる
著作権ポリシー

◆女性ヴォーカリスト(五十音順)
【アマリア・グレ】
【アンナ・オクサ】
【アンナ・タタンジェロ】
【イル・ジェニオ】
【イレーネ・グランディ】
【エリーザ】
【オルネッラ・ヴァノーニ】
【カテリーナ・カゼッリ】
【カルメン・コンソリ】
【ジャンナ・ナンニーニ】
【ジュジー・フェッレーリ】
【ジョルジャ】
【ジリオラ・チンクエッティ】
【ディロッタ・ス・クーバ】
【ドナテッラ・レットーレ】
【ナーダ】
【パティ・プラーヴォ】
【フィオレッラ・マンノイア】
【ミア・マルティーニ】
【ミーナ】
【ミレッタ】
【ラウラ】
【ラウラ・パウジーニ】
【リタ・パヴォーネ】
【ロレダーナ・ベルテ】
【ロレッタ・ゴッジ】

◆男性ヴォーカリスト(五十音順)
【アドリアーノ・チェレンターノ】
【アドリアーノ・パッパラルド】
【アメデオ・ミンギ】
【アントネッロ・ヴェンディッティ】
【アンドレア・ボチェッリ】
【ヴァスコ・ロッシ】
【ウンベルト・トッツィ】
【エドアルド・ベンナート】
【エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ】
【エロス・ラマッツォッティ】
【オット・オット・トレ 883】
【クラウディオ・バッリオーニ】
【ジーノ・パオリ】
【ジャンニ・モランディ】
【ジャンルーカ・グリニャーニ】
【ジョヴァノッティ】
【ズッケロ】
【セルジョ・カンマリエーレ】
【チェーザレ・クレモニーニ】
【ティツィアーノ・フェッロ】
【トニー・レニス】
【ドメニコ・モドゥーニョ】
【ネグラマーロ】
【ネグリータ】
【ネック】
【ビアージョ・アントナッチ】
【ピーノ・ダニエーレ】
【ファウスト・レアーリ】
【ファブリツィオ・デ・アンドレ】
【ファブリ・フィブラ】
【フランコ・バッティアート】
【フランチェスコ・デ・グレゴーリ】
【ボビー・ソロ】
【マッラカッシュ】
【リッカルド・コッチャンテ】
【ルイジ・テンコ】
【ルーチョ・ダッラ】
【ルーチョ・バッティスティ】
【ルチアーノ・リガブーエ】


◆イタリアンポップスを解説!

イタリア的 ―「南」の魅力 (講談社選書メチエ)

スポンサーサイト [------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
【ラウラ・パウジーニ】ってどんなひと? [20090403]
【ラウラ・パウジーニ】(Laura Pausini、1974年5月16日-、おうし座)は、北イタリアのファエンツァ Faenza 出身のアーティスト。育ったのは近郊のまちソラローロ Solarolo。まさに“イタリアンポップスの女王”といってもいい実力・人気を誇るだけでなく、イタリア人歌手としては現在、世界でもっとも有名なひとりでしょう。スペイン語・ポルトガル語・英語でも歌っています。

Primavera In Anticipo  Live in San Siro [DVD] [Import]  Live in San Siro  Io Canto  Live in Paris 05 
レスタ・イン・アスコルト  Live 2001-2002 World Tour [DVD] [Import]  フロム・ジ・インサイド  ヴェリー・ベスト・オブ・ラウラ・パウジーニ  海のように 
私のこたえ  ローラの休日  ベスト  Laura  Laura Pausini

以下のアルバムは全曲、Amazon.co.jp で試聴できます。



父親がピアノ・バーに出演する歌手だった関係で、地元のピアノバーで、父と一緒に8歳から歌っていたそうです。

1991年にカストロカーロ新人コンテストに出場。その後、1993年のサンレモ音楽祭に出場し、新人部門で La solitudine(邦題:孤独を抱きしめて)を歌って優勝しました。

翌年のサンレモ音楽祭1994では、Strani amori(不思議な愛)でスター部門3位に入賞しました。

デビューアルバム Laura Pausini(1993)は日本を含めた諸外国でも発売されました。

なお、初期の日本版アルバムでは、英語読みの「ローラ・パウジーニ」となっていました。ヴェリー・ベスト・オブ・ラウラ・パウジーニ(原題:The Best of Laura Pausini)以降は、イタリア語読みの「ラウラ」表記となっています。

最初のスペイン語アルバム Laura Pausini(1994)は、スペインとラテン・アメリカでベストセラーとなりました。

Resta in ascolto(2004)のスペイン語版アルバム Escucha(2004)は、2005年のラテン・グラミー賞の最優秀ポップ・アルバムを、2006年にはグラミー賞の最優秀ラテン・ポップ・アルバムを受賞しました。イタリア人女性アーティストとしては初快挙です。

その後も、発売するアルバムすべてがコンスタントにヒット。ノリのいいメロディーと分かりやすい歌詞が特徴のラウラ・パウジーニ Laura Pausini の作品は、イタリア人の大部分が「ドライブに欠かせない曲」というほど。日本人の嗜好にもぴったりマッチする音楽といえるでしょう。


2009-04-03(Fri) 22:29 【ラウラ・パウジーニ】 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
⇒ http://nannini.blog94.fc2.com/tb.php/105-e8d3601a


copyright © 2005  nannini。イタリアンポップス歴25年の私、ナンニーニが、名曲の数々をご紹介します。 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
イタリアのWEBラジオ
82
懐かしのイタリアンポップス'60-'70

107
流行のイタリアンポップス

その他のイタリアラジオ局は
◆◆こちら◆◆
最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。